【コスパ抜群】冷奴とお酒

スポンサーリンク

言うまでもなく定番のおつまみとなっている冷奴は、様々なお酒に相性が良く、更にお値段が安いところが魅力です。作るのも簡単です。

豆腐は原料が大豆なので酒のつまみとして欠かせない良質なタンパク質を摂取することができます。
また、仮に3丁全部食べたとしても、スーパーで買えば100円以内に収まるものがほとんどです。コスパが良いのです。

何故「冷奴(ひややっこ)」と呼ぶのか

【コスパ抜群】冷奴とお酒
画像出典:File:Hiya-yakko 002.jpg via from wikipediacommons

江戸時代に最も身分が低い者のことを「奴(やっこ)」と呼んでいました。当時の奴(やっこ)たちは、みんな四角い柄の着物を着ていたのです。
豆腐は基本的には四角く切られているので、その四角い形が奴(やっこ)を連想することから、「冷奴(ひややっこ)」と呼ばれるようになりました。

身分の低い者から連想された名称の食材が、現代において最もコスパの良いつまみのひとつになっているのは、何とも皮肉というか感慨深いものがあります。

おすすめの組み合わせ

基本的な食べ方としては、四角く切られた冷たい豆腐に、薬味として「おろし生姜」「刻みネギ」「かつお節」を載せて醤油をかけて食べるだけです。
これがスタンダードですが、載せるものや掛ける調味料を変えていけば、無限に組み合わせは拡がります。ズボラで簡単に素早く作れるということを重視して、個人的な好みのものを3つ程ご紹介します。

尚、絹か木綿かは好みとその日の気分に合わせてください。

ごま油|ネギ塩ごま油の冷奴

豆腐に刻みネギにごま油を加えて、塩を少しかける。以上で完成です。
ごま油が好きな人はハマるはずです。焼酎の水割りなんかにもとてもよく合います。

韓国のり|韓国のりとキムチの冷奴

¥2,081 (2022/11/23 22:00時点 | Amazon調べ)

豆腐にキムチを載せて、その上にちぎった韓国のりを振りかけて完成です。
こちらにもごま油が相性良いと思います。辛みがあるのでビールを合わせたいです。

なめ茸|なめ茸の冷奴

¥439 (2023/07/10 08:33時点 | Amazon調べ)

豆腐になめ茸をかけて、お好みで刻みネギをかけたらそれで完成です。お値段も手頃なのでおすすめです。

まとめ

おつまみを冷奴の様にお安いものにすれば、浮いたお金でちょっと良いお酒を飲めたり、良いことづくめだと思います。

今回紹介したもの以外にも、納豆とかザーサイとかクリームチーズとか梅チューブとか、本当にたくさんの種類が楽しめます。

お豆腐は安いのでたくさんの組み合わせを試していただきたいと思います。

その他の関連記事

冷奴よりもちょっとだけ手間がかかる湯豆腐もおすすめです

高たんぱくで安価なつまみをまとめています

最後に

気に入ったらツイートしてね

フォローはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました