ジャックダニエル|なぜバーボンではないのか?

ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?ウイスキー
ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?
スポンサーリンク

ジャックダニエルは世界中で愛されるウイスキーのひとつであり、その特徴的な黒と白のロゴと四角いボトルで知られています。

アメリカ産のウイスキーということで、一見するとバーボンとして認識されがちですが、実はジャックダニエルはバーボンではありません。

なぜジャックダニエルはバーボンではないのでしょうか。バーボンじゃないのであれば、どのようなカテゴリーに分類されるのでしょうか。

この記事では、ジャックダニエルがバーボンでない理由や、その歴史的背景を解説しながら魅力を再発見していきます。

ウイスキーの種類とジャックダニエル

ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?
ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?

ウイスキーの簡単な基本情報を紹介します。代表的な産地によって「世界五大ウイスキー」としてスコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズがあります。

  1. スコッチ(スコットランド産)
  2. アイリッシュ(アイルランド産)
  3. アメリカン(アメリカ産)
  4. カナディアン(カナダ産)
  5. ジャパニーズ(日本産)

ジャックダニエルはアメリカ産であるため、アメリカンの一部であるバーボンと見られがちですが、実際にはテネシー・ウイスキーという別のカテゴリーに分類されます。

バーボンとテネシー・ウイスキーの違い

ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?
ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?

バーボンウイスキーの定義はアメリカ合衆国の法律で以下のように決められており、生産・販売するためには下記の条件を満たす必要があります。

アメリカ合衆国で製造されていること
原材料のトウモロコシの含有量は51 %以上であること
新品の炭化皮膜処理されたオーク樽を製造に用いること
80 %以下の度数で蒸留されていること
熟成のために樽に入れる前のアルコール度数は62.5 %以下であること
製品として瓶詰めする場合のアルコール度数は40 %以上であること

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これがバーボンの定義です。ジャックダニエルはこれらの条件を全て満たしています。

一方、ジャックダニエルはケンタッキー州の南に隣接するテネシー州で生産されており、「テネシー・ウイスキー」という分類も存在します。

その定義は上述のバーボンウイスキーの定義を満たしたことに加えて、「テネシー州で生産されていること」と「蒸溜直後の原酒をサトウカエデの木の炭で濾過していること」の2つを加えたものになります(蒸溜直後の原酒をサトウカエデの木の炭で濾過する製法を「チャコール・メローイング製法」と呼びます)。

つまりジャックダニエルはバーボンの定義をクリアしているので、バーボンと名乗ることができるウイスキーです。これがジャックダニエルをバーボンだとイメージする理由になります。

しかし、「バーボンではない」ことについては、ひとつ明確な理由があります。ジャックダニエル自身が「ジャックダニエルはバーボンではない」と否定しているからです。

「IT’S NOT BOURBON」|バーボンではない

ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?
ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?

ジャックダニエルにはスローガンがあります。それが下記の一節。

“IT’S NOT SCOTCH. IT’S NOT BOURBON. IT’S JACK.” (「スコッチでもない。バーボンでもない。ジャック ダニエル」

このように「バーボンではない」ことに強いこだわりを持っていることがわかります。ここで言うバーボンとは、主にケンタッキー州で生産されるアメリカンウイスキーの一種です。

オンリーワンであることの強い意志とも取れますが、これには歴史が関係しているようです。

当時、アメリカの南北戦争でケンタッキー州とテネシー州はいずれも当初は南側についていました。

しかし、当初は南側だったケンタッキー州は戦況に応じて北側に寝返ります。それによりケンタッキー州とテネシー州の州境は激戦区へ。南北戦争の結果はご存じの通り北部の勝利に終わっています。

ジャックダニエルの創業者ジャック・ダニエル氏は南北戦争の最中にウイスキー造りを始めています。

つまり北部側に寝返ったケンタッキー州に対して、南部側であるテネシーがライバル視をするという強いメッセージとも言えます。

このことから、ジャックダニエルは「バーボンではない」という独自のカテゴリーを確立しているのです。

ジャックダニエルのラインナップ

最後にジャックダニエルのラインナップをいくつかご紹介します。

ジャック ダニエル ブラック(old No.7)

こちらがジャックダニエルの代表格、バーボンとは異なるテネシー州生まれです。

チャコール・メローイング製法を用いた、滑らかで豊かな風味が味わえるスタンダードな一本です。

ジャック ダニエル ゴールド

樽を移し替える工程が加わり、2回目のメローイングを施している「ジャックダニエルゴールド」。リッチな一本です。

ジャック ダニエル テネシーハニー

男らしいデザインのジャックですが、こちらはかわいらしいハチのイラストが描かれています。蜂蜜をブレンドさせたジャックダニエルの新しいラインナップです。

ジャックダニエルの魅力再発見

ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?
ジャックダニエルはなぜバーボンではないのか?

抜群の知名度とブランド力を誇るジャックダニエルにはこの様な興味深い歴史が存在していたのです。

ウイスキーは飲む機会も比較的多いと思いますので、せっかくだったらこういう雑学を知っておいて損はないはずです。

ちなみに僕は味や香りはもちろんですが、何よりも四角いボトルであることがお気に入りです。持っていると何だか満足感が高まります。

その他の関連記事

ウイスキーの魅力を知るうえでおすすめの外部サイト「Whiskeen」です。

「Whiskeen」でもジャックダニエルについて取り上げられています。

バーボンについては過去に書いています。

最後に

気に入ったらツイートしてね

フォローはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました