カレーはお酒に合うのか|カレー飲み?!

カレー
スポンサーリンク

 カレーもお酒も大好きなので、時々カレーをつまみにして飲むことがあります。本当に時々ですが、飲み屋のお食事メニューに「スパイスカレー」などが載っていることがあり、これを試しているのは自分だけではないと嬉しくなり、この度「カレー飲み」について調べてみました。

お酒とカレー|どの組み合わせが良いのか

 「お酒」と言ってもたくさん種類があり、「カレー」もたくさん種類があります。そのなかからそれぞれを組み合わせて飲むことになりますが、どのマッチングの相性が良いのでしょうか。ネット上には呑兵衛で尚且つカレーマニアな猛者がたくさんいたのですが、たくさん調べてみても未だ統一感はなくそれぞれ自由に組み合わせて楽しんでいるようです。

 そもそもカレーの本場であるインドは宗教上の理由でお酒を飲まないため、伝統的にはそもそも存在しない組み合わせということになります。

 そのため、今回は個人的に過去に試したことのあるお気に入りのマッチングのみご紹介します。もしかしたらそのうち定番とも言えるお酒×カレーのマッチングが出てくるかもしれませんが、それまでは自由に色々試してみるしかなさそうです。

スパイスカレー×ペールエール

 スパイシーなカレーの辛みと刺激を感じながら、その名残をリフレッシュさせるように柑橘系のペールエールを飲むと、お互いが刺激しあうように交互に飲み合わせることができます。

 ビールにも刺激を求めたいという方はホップがたくさん含まれていて苦みの強烈なIPA(インディアペールエール)を選びましょう。こちらもより刺激的な組み合わせでおすすめです。

ビーフカレー×赤ワイン

 こちらは割とイメージしやすい組み合わせかと思います。牛肉と赤ワインは相性が良いので間違いありません。カレーについてもコクのある味わいなので赤ワインとの相性は抜群です。

キーマカレー×日本酒

 実は僕がよくやっているマッチングです。キーマカレーは挽肉で構成されているので、おつまみには持ってこいです。そして日本酒はぜひ甘めのものを選んでいただきたいです。

 カレーと日本酒は想像しづらいかもしれませんが、スパイシーなカレーと甘い日本酒を交互に口に運んで味わうのは癖になります。大量のお冷を脇に置いておくことを忘れずに。スパイスなどがあればキーマカレーに更に追加すると更に楽しめます。

まとめ

 原料だけの話をすれば、カレーはナンやパン、お米と食べ合わせるので、麦が原料のビールやお米が原料の日本酒とも相性が良くて当然なのかもしれません。

 また、カレーにはターメリック(うこん)が入っているので、わざわざウコンの力を飲まなくても済むというお得感も兼ね備えています。今はまだ「キワモノ」扱いされるかもしれない「カレー飲み」ですが、やってみると案外イケるどころか結構アリかも、と思えるはずなのでもしよければ試してみてください。

その他の関連記事

カリーブルストとドイツビールはわかりやすく相性良さそうですね

鰹出汁を使用するスリランカカレーもお酒に合いそうです。

最後に

気に入ったらツイートしてね

フォローはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました