おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴

おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴ワイン
おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴
スポンサーリンク

「ワインと言えばフランス」というイメージが日本では一般的ですが、スペインのワインも非常に美味しいものが山のように存在しています。

国別ワイン生産量ではイタリア、フランスに次ぐ世界第3位、ワインにフルーツを入れたカクテル「サングリア」発祥の国でもあり、産業としても文化としてもスペインではワインが欠かせないものであることは間違いありません。

しかし日本ではフランスのイメージが先行し、あまりスペインワインについてご存知ない人の方が多い様な印象があります。

そこで今回はおすすめのスペインワインであるリオハを紹介します。

リオハ|スペインワインの代表格とその魅力

おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴
おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴

スペイン全土で数多くのワインが生産されているなか、どれを選べば良いのか。地名や商品名にも聞き慣れていない場合は何を基準に選べば良いのか迷ってしまいます。

そういった場合、まずはスペイン北部に位置する「リオハ(rioja)」という地域のワインを選べば、まず間違いなく美味しいワインを味わうことができるはずです。

リオハはスペイン語で「rioja」と書きます。日本で購入する時もラベルに必ず産地が明記されているのでラベルを読んで判断しましょう。

スペイン語のアルファベットの読み方で、「j」は「ジェイ」ではなく「ホタ」と読むため「rioja」は「リオハ」と読みます。

値段についてはピンからキリまでありますが、750mlで2000円以内で買うこともできるので庶民的な感覚で楽しむことが充分に可能です。

それでは「リオハ(rioja)」の魅力について、歴史的経緯も交えて説明します。

リオハが名産地になる歴史|テンプラニーリョとフランス・ボルドーとの関係

おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴
おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴

リオハがスペインワインの代表的産地になったのにはいくつかの理由があります。リオハの地形はブドウの栽培に適した気候をもたらし、ワイン生産の技術発展にも大きな影響を与えた歴史が関係しています。

ブドウ品種「テンプラニーリョ(Tempranillo)」

スペインの赤ワインを代表するブドウ品種は「テンプラニーリョ(Tempranillo)」という名称で、スペイン各地で栽培されています。

そのなかでもリオハは地理的要因からテンプラニーリョの栽培に非常に適しており、国内で最高品質のテンプラニーリョ生産地として知られています。もちろんブドウの品種はラベルに明記されています。

つまり、産地は「リオハ(rioja)」を、ブドウ品種は「テンプラニーリョ(Tempranillo)」を選べば、スペインワインの代表格を選ぶことができるようになります。

ボルドーの製法と歴史的な関係

ブドウの産地に適していたリオハですが、ワインの醸造技術の発展とその魅力を世界に拡げたのは、1850年代と1870年代にヨーロッパで蔓延した病気の歴史が関係しています。

まず1850年代にもともとイギリスで発生したウドンコ病という植物病害がドーバー海峡を渡ってフランスに蔓延してしまいました。

世界的に最も有名なワイン産地であるフランスのボルドーがワインを生産することができなくなってしまったのです。

ウドンコ病の蔓延はガリシア地方などスペインにも及んでしまいますが、そんななかリオハは乾燥した気候であったことが幸いして流行から逃れることができました。

これによりリオハはフランスへワインを大量輸出することになります。病気の蔓延によるボルドーの生産低下がリオハのワインを海外へ拡めるきっかけになったのです。

1870年代になるとウドンコ病の流行は落ち着きましたが、次はフランスで害虫フィロキセラによる被害が拡まってしまいます。またもやボルドーのワイン生産はストップしてしまい、再びリオハのワインへの需要が高まることになります。

そしてこの時にボルドーのワイン醸造家たちが、ウドンコ病やフィロキセラの影響を避けるためにリオハ地方に移住してきました。こうしてリオハのワイン醸造はボルドーの製法から影響を受けて更なる発展を遂げます。

ボルドーの製法とテンプラニーリョ種を組み合わせたリオハのワイン産業は、1880代になると「スペインワインの黄金時代」と呼ばれるほどに成長しました。

この様にお酒には様々な歴史的な背景が存在します。このブログでもウイスキージンチューハイまで、他の様々なお酒も取り上げているので興味のある方はぜひご覧ください。

楽しく飲みたいスペインワイン|pasarlo bien(パサルロビエン)

おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴
おすすめのスペインワイン|歴史ある産地リオハの品種とその特徴

スペイン語には「pasarlo bien(パサルロビエン)」という表現があります。

「pasar」は「過ごす」、「lo」は目的格の代名詞で「それ」、「bien」は「良い」英語で言う「good」で、「pasarlo bien(パサルロビエン)」は「楽しく過ごす」という意味になります。

スペイン人達はバルや家庭で美味しいワインを飲みながら、毎日を楽しく過ごしているようです。

「楽しく過ごす」ために、リオハの美味しいワインはとても役に立つことでしょう。

気に入ったらツイートしてね

参考文献

スペイン・ワイン/大滝恭子 (著), 永峰好美 (著), 山本博 (著)

物語 スペインの歴史―海洋帝国の黄金時代 (中公新書)/岩根 圀和 (著)

情熱でたどるスペイン史 (岩波ジュニア新書)/池上 俊一 (著)

コメント

タイトルとURLをコピーしました